FC2ブログ
主に経済に関する積極財政派の覚書。
トロロの覚書
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
FRB国債引き受けへ
2008-12-05-Fri  CATEGORY: 未分類

FRB、国債購入で景気刺激策を支援も(ロイター - 12月04日 15:33)
 [ワシントン 3日 ロイター] オバマ次期米大統領と米議会が導入を計画している景気刺激策の資金をねん出するため発行が必要とされる大量の国債の買い手に、連邦準備理事会(FRB)が浮上している。

 リセッション脱却に向け、オバマ氏と議会が最大5000億ドルの資金の投入を準備するなか、バーナンキFRB議長は、金利上昇を抑制するひとつの方法として国債を購入する用意がある、と述べた。

 バーナンキ議長は1日、「FRBは公開市場で相当規模の長期国債や機関債の購入が可能だ」と述べ、「この手法はこうした債券の利回りに影響を与え、総需要を刺激する可能性がある」と語った。

 議長によると、政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)発行の債券や、2社が保証する住宅ローン担保証券(MBS)を購入するFRBの最近の決定を受け、住宅ローン金利はすでに低下している。

 2009年1月20日に大統領に就任するオバマ氏は前週、景気に「強烈な刺激」を与えるのに十分な規模の政策立案にただちに取り掛かりたい、との意向を示した。

 また、民主党の関係筋によると、下院は中産階級の減税とインフラ投資を含む5000億ドル規模の景気刺激策の導入を求める見通しだ。・・・



今回の金融危機を乗り切るためにFRBは輪転機を回しドルを次々発行している。アメリカは最大の恐竜のようにのたうち苦しんでいる。「10秒で読む日経!」と言うメルマガでは《先に決まった財務相の6千億ドルの金融テコ入れ策(TARP)に加え て今度はFRBが8千億ドルのテコ入れをする模様だ。
 併せて1.4兆ドルの税金を使った金融テコ入れをすることになる。
 これをアメリカ歴史上の出来事と比較してみよう。》として下の表を示した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             名目額 インフレ調整後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 いずれも百億ドル
別格 第2次世界大戦    288  360

1)今回の金融危機救済   140  140

2)NASA計画通算     42   85
3)ベトナム戦争       11   70
4)イラク戦争        55   60
5)ニューディール策      3   50
6)朝鮮戦争          5   45
7)S&L危機救済      15   26
8)アポロ計画         3.6 22
9)ルイジアナ購入       1.5 22
10)マーシャル計画      1.3 12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回の危機がいかに<とてつもない>危機であるか分かる。百年に一度の危機というのは決して大げさではない。

バーナンキは市場を通じた国債買い付けを行う用意があると述べた。国内に今後も膨大に発行されるであろう国債の引き受け手がないからだ。国外でも中国がせいぜい年に20兆円ほどの購入が見込まれる程度だ。市中銀行は本来の機能を失って保身に汲々としている。そこで中央銀行が市中銀行の役割も果たさなければならなくなっているのがアメリカの現状と言える。中央銀行は銀行の銀行であるから「最後の貸し手」と言われた。それが今や、「唯一の銀行」になってしまった感がある。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 トロロの覚書. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。