主に経済に関する積極財政派の覚書。
トロロの覚書
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
日本のタクシー代が高い?嘘つけ!
2008-08-20-Wed  CATEGORY: 未分類
最近『旅客サービスに係る内外価格差調査の結果(概要)』という統計資料があるのが分かった。
国土交通省の調査によるもので、昨年7月13日発表。

調査の内容等

 目的


我が国の物価水準が欧米諸国と比較して割高感があるとの指摘を受け、消費者が豊かさをより実感できる社会環境を実現していくことが求められている。

そのような中、国民の日常生活に密接に関連している旅客運送サービスの内外価格 差を把握し、今後の交通施策に反映させていくための基礎資料とする。

なお、本調査は平成6年度から実施しているものである。

 対象国(都市)及び対象モード


対象国:日本(東京)、米国(ニューヨーク)、英国(ロンドン)、独国(フランクフルト)、仏国(パリ)

対象モード:航空、鉄道、地下鉄、バス、タクシー

 調査時点及び比較方法


調査時点:平成18年11月

比較方法
 「為替レート換算」(IMFの2006年11月平均為替相場)
1米ドル=117.81円   1英ポンド=227.70円
1ユーロ(独・仏)=153.65円


 「購買力平価換算」(OECDによる2006年時点の購買力平価推定値)
1米ドル=144.90円   1英ポンド=230.00円
1ユーロ(独)=159.80円   1ユーロ(仏)=159.80円


※購買力平価換算とは
 日本の通貨と外国の通貨について、それぞれの通貨の購買力(購入できる商品やサービスの量)を等しくさせるレートのこと。
 例:ある商品を、日本で30,000円、米国で200ドルで購入した場合
   購買力平価は 30,000円÷200ドル=150円/ドル
 ⇒つまり、アメリカにおいて1ドルで購入できるものを日本で購入するといくらになるのかを指している。



タクシーについてだけ見ると

A:為替レート換算
昼間
2キロ 日=100 米=101 英=167 独=133 仏=133
5キロ    100    75    133    110     64

B:購買力平価比較
昼間
2キロ 日=100 米=124 英=169 独=138 仏=138
5キロ    100    92    135    114     67



わが国のタクシー料金は五カ国の中間あたりで、決して「高い」とはいえない。同じ運転手のSweetsoul69さんのブログによると「日本のタクシー料金が最も安い」という。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 トロロの覚書. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。