主に経済に関する積極財政派の覚書。
トロロの覚書
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
肥田美佐子のNYリポート
2010-09-04-Sat  CATEGORY: 未分類
http://jp.wsj.com/US/Economy/node_97674
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000001-wsj-bus_all

「100年一度の経済危機」にあたってオバマが大規模な財政出動を行い、バーナンキがFRBのバランスシートを倍増させる資産買い入れを行った時、世界中が驚いた。しかし、資産バブルの崩壊とデフレを経験している日本人の目から見ると、これで本当にアメリカ経済は回復するのか?との疑問があった。大きすぎるからではない。小さすぎるのではないかという疑問だ。

オバマの今回の失敗は小渕の失敗を思い出させる。

「世界一の借金王」と自らも名乗った小渕の経済政策もオバマのそれと似ていた。

小さな私の心配が現実のものになったようだ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0


余白 Copyright © 2005 トロロの覚書. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。