主に経済に関する積極財政派の覚書。
トロロの覚書
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
竹中のアホさ加減には呆れる
2008-09-23-Tue  CATEGORY: 未分類

竹中 大前提として、「日本はモノづくりの国だからマネー転がしのようなマネはけしからん」という風潮があり、護送船団のぬるま湯から抜け切れていないんです。

 しかし、それは時代遅れな考え方。実際、イギリスでは国全体の法人税の2割をシティー(金融中心地区)の企業が払っているんです。金融業は今やイギリス経済の根幹を支えています。このような状況を見る限り、日本では政府も国民もちゃんと「金融」に向き合っていませんよね。



昨日(0922)発行のダイヤモンド社のメルマガをクリックしたら竹中がいまだにこういうことを言っていた。思わず爆笑。

その金融業界の崩壊を防ぐためにアメリカ政府が支出する予定の財政は今日現在で192兆円。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33873120080922不動産価格はこれからも下落を続けるから、この金額は増えこそすれ減る事はない。

「ちゃんと『金融』に向き合う」べきなのは竹中前大臣の方だ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント3


余白 Copyright © 2005 トロロの覚書. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。